読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

合気道 「アウトプット」ではなく「インプット」


スポンサーリンク

最近の稽古の中で、腕を正中線で剣のように遣う練習をしています。

合気道興隆会顧問の上田先生の稽古法を参考にさせていただいています。

youtu.be

あえて手首を重ね動きを制限して稽古すると、足や腰を遣う工夫の余地があることが分かり

同じ型も以前より楽にできることが増えてきました。

最近、「どうやっているんですか?」と聞かれることが増え

私の解釈と手首を重ねて動いてみることを提案しています。

でも、うまく再現してもらえるケースは多くないです。

みんな、「より強く、崩す、投げる」意識が強すぎるんだよなあ。

ポイントは、「アウトプット」ではなく「インプット」

  • 当たり、結び
  • 弛みを取る
  • 押しも引きもしないところ

を遣う感度を上げていくことだと考えています。

何の意図もなく型稽古を繰り返しても上達するには遠回りだと感じます。